中出しを強要するオバサンとオフパコ

オフパコ

中出しを強要するオバサンとオフパコ

中出しの好きなオバサン

前の話だけど書いてみよう。

 

その時、翌日は休みだったので、オフパコできる相手を探した。

 

それで、お気に入りのサイトをチェックしたんだけど、
34才という女性と少しやりとりをする。

 

当時は、20代前半ぐらいの娘と会うことが多かったので、
30代は初めてであり正直あまり乗り気はしていなかった。

 

一昔前は30代女性ぐらいの年齢で
ネットで男と会うって人はあまり多くなかったと思う。

 

分別のある年齢の女性であればネットで知らない人と会うなんて・・・
そんな感じの時代もあったんだよ。

 

現在では出会い系サイトとかで30代40代の
女性の存在は全く珍しくないけどね。

 

こっちはあまり乗り気でなかったけれど、
相手がすごく積極的な感じで
明日会いたいから
電話番号を教えて欲しいって言うんだよね。

 

あまりまだ絡んでない状態で、
女性から番号教えてくれって言うのも少し変だなと思った。
その時、携帯を2個持っていたので、
まあいいかと思って番号教えたら間髪を入れずに、
即、着信音がけたたましく鳴り響く。

 

うーん、微妙に警戒したが、出てみる。

 

「はーい」

 

「明日会える?」

 

声がヒソヒソ小さいし声質がなんか少しガラガラ声というかダミ声っぽい
感じがする・・・

 

しかもあいさつもなくいきなり用件早いし。

 

なんか声小さくない?と聞いてみたら、
家にいるから大きな声出せないし、
長く話せないとの事。

 

それで、こっちは会えるよって伝えたら、
一方的に明日の待ち合わせ場所と
時間を言われて電話切られた。

 

なんともあわただしい・・・

 

正直もうすこしどんな感じの人か聞きたかったけれど、
まあ明日待ち合わせ場所にいけばわかるからいいかっ!
と思い明日オフパコ頑張るために早めに就寝する、
おやすみ・・・zzz

 

 

 

あー、よく寝た10時ぐらいに起床。
今日はちょっと曇りだね。
雨は降りそうにないから女性と会うには悪くない天気だ。
あまりカンカン照りの昼間にホテルに入るのは気が引ける、
曇りの方が良いよ。

 

なんてことを考えながらシャワーを浴びて身支度を整え出発だ。

 

待ち合わせの駅に向かう。

 

車で30〜40分ぐらいのところで、
遠くはないけどあまり用のない場所。

 

道中問題もなく、駅近くの指定された路上に車を停める。

 

地元の人の生活道路のような路地裏のような道で、

 

他車の往来はなく、駐車車両も無い。

 

人も歩いていない、静かな落ち着いた雰囲気。

 

 

待ち合わせの13時ぐらいになった時に、
前方から、スーツのような恰好の女性があるいてくる。

 

背はあまり大きくない、160センチぐらいか。
痩せてまなく太ってもいない。

 

34歳の相手かな・・・?

 

そのまま車に乗り込んできた。

 

「こんにちはー」と俺。

 

「ごめんね、ほんとは46歳なんだけどいいかな??」

 

当時、あまり年上の女とかかわってこなかったので、
車に乗り込んでくる瞬間にはわからなかったけど、
たしかに言われれば40代のオバサンである。
昨日の電話の時のダミ声も合点がいく、
声がオバサンだったのだ。

 

「嫌だったすぐ帰るけど、ダメかなぁ・・・?」

 

メークや身なりはちゃんとしてるし、
なんとなく人が良さそうな感じがしたし、
特に断る理由はないので今日は付き合おうと思った。

 

オバサンは半分断られる気で来ていたのか、
こちらが大丈夫といったら喜んでいたな。

 

 

昼時だったので、食べ物がおいしいということで、
あるラブホに行こうといわれる。
リニューアルして1年ぐらいのラブホだ、
俺も何度か行っている。

 

20分ほど車を走らせ、ラブホに滑り込む。

 

フロントの部屋のパネルがあるところで、
20代のカップルに鉢合せしたんだけど、
ちょっと怪訝な顔してたな、
こちらは若い男とオバサンの組み合わせだからね。

 

 

カード式キーでドアを開け入室。
ちょっと落ち着く瞬間ではあるが、ここでカルチャーショックを受ける。
オバサンはすぐに洗面所に直行して、
1回使いきりの乳液などをバッグにしまい始めたのだ。
さすがオバサンだ・・・(汗)

 

シャワーを浴びてから食べ物を注文し、
食事しながらオバサンと色々話をする。

 

若いころはまじめで結婚するまでセックスはしたことがなかったとのこと。
子供が大学生になったので、今は自分の好きにしていて、
男とネットで会いまくってるらしい。
家庭のための人生だったので今は反動が出ているんだろうね。

 

で、ベッドの上ではどうだったか、なんだけど、
それなりに盛り上がった段階で、
枕もとのコンドームに手を伸ばしたんだけど、
「ちょっとぉー、中に出してよぉ」
とオバサン・・・

 

俺、絶句・・・
まったく、若い男に中出しさせようとはスケベなオバサンだよね。

 

この後、どうしたかはあなたの想像にお任せしますが、
生は危険なので注意して下さい。

 

 

 

実はこの話、相当昔の話なんだよね。
オバサンもいまではいい歳だろうから、
さすがにもうオフパコなんてしてないだろう。
(当時オフパコなんて言葉はまだ無かったけど)

 

あの時、オバサンは若い男と会いまくって青春取り戻せたかな?

 

オフパコ相手を簡単に探す方法【上記みたいな事が出来ます】

 

↓↓↓数百人と関係した筆者がお勧めのSNSはここ

ホーム RSS購読 サイトマップ